専属税理士がおすすめ

会社の設立前にも税理士に相談するメリットはたくさん存在しているのですが、設立後も税理士に相談する人が多くなっています。そのため、法人として会社の設立を行った人の多くが、専属税理士契約を行っているのです。専属税理士としての契約をすることで、たくさんのメリットが発生ます。会社設立後には、税務調査の対応や確定申告に必要な書類の作成などを手伝ってもらえます。

また、節税対策などを指導してもらうこともできるのですが、このような相談や依頼をすぐに行ってくれるための契約が専属税理士なのです。確定申告が近くなってから書類の作成や会計などを行えばよいというのは個人事業主だけで、法人の場合には毎日のように書類の作成や会計処理などが必要になります。だからこそ会社には事務員が存在しているのです。

しかし、開業して間もない頃には、ベテランの事務員を何人も雇うことはできませんし、事務員であっても専門的なことは知らないという人が多いでしょう。そこで専属税理士の契約をしておけば、困ったときにはすぐ対応してくれるので、とても安心するのです。しかも会社を相続する際にも力になってもらうことができるので、長く会社を維持していきたい人は、専属契約がおすすめです。

Pocket

Published by