会社設立の準備

会社設立の相談と聞くと、設立をしてから税理士に相談をするような感じに思う人もいるでしょう。しかし、実際には会社の設立を検討している段階で相談するのが一般的です。まずは個人事業にするのか、法人として会社設立を行うのかを決めます。法人と個人では全く開業方法が異なります。個人であれば税務署に開業届けを出すだけなので、誰でも簡単にできるでしょう。

事業を開始してから税理士に確定申告などについて相談するという人もいるので、最初から相談を持ち掛けなくても特に問題はありません。しかし、法人の場合にはいろいろと面倒な手続きが必要になります。だからこそ開業前に相談する人が多いのです。法人にも株式会社や合同会社、合資会社などがありますし、資本金の払い込みも必要になります。登記書類などの作成も必要なので、自分だけでは難しいでしょう。

特に会社の名前についての相談、本社の設立場所についての相談、融資や補助金についての相談、資本金の目安についての相談が多くなっています。もちろんこのような相談を行うこともできますし、相談だけであれば無料で行ってくれる税理士もいます。開業前であっても難しいことがたくさんあるので、多くの人が税理士に相談をするのです。

Pocket

Published by