専属税理士がおすすめ

会社の設立前にも税理士に相談するメリットはたくさん存在しているのですが、設立後も税理士に相談する人が多くなっています。そのため、法人として会社の設立を行った人の多くが、専属税理士契約を行っているのです。専属税理士としての契約をすることで、たくさんのメリットが発生ます。会社設立後には、税務調査の対応や確定申告に必要な書類の作成などを手伝ってもらえます。

また、節税対策などを指導してもらうこともできるのですが、このような相談や依頼をすぐに行ってくれるための契約が専属税理士なのです。確定申告が近くなってから書類の作成や会計などを行えばよいというのは個人事業主だけで、法人の場合には毎日のように書類の作成や会計処理などが必要になります。だからこそ会社には事務員が存在しているのです。

しかし、開業して間もない頃には、ベテランの事務員を何人も雇うことはできませんし、事務員であっても専門的なことは知らないという人が多いでしょう。そこで専属税理士の契約をしておけば、困ったときにはすぐ対応してくれるので、とても安心するのです。しかも会社を相続する際にも力になってもらうことができるので、長く会社を維持していきたい人は、専属契約がおすすめです。

Pocket

会社設立の準備

会社設立の相談と聞くと、設立をしてから税理士に相談をするような感じに思う人もいるでしょう。しかし、実際には会社の設立を検討している段階で相談するのが一般的です。まずは個人事業にするのか、法人として会社設立を行うのかを決めます。法人と個人では全く開業方法が異なります。個人であれば税務署に開業届けを出すだけなので、誰でも簡単にできるでしょう。

事業を開始してから税理士に確定申告などについて相談するという人もいるので、最初から相談を持ち掛けなくても特に問題はありません。しかし、法人の場合にはいろいろと面倒な手続きが必要になります。だからこそ開業前に相談する人が多いのです。法人にも株式会社や合同会社、合資会社などがありますし、資本金の払い込みも必要になります。登記書類などの作成も必要なので、自分だけでは難しいでしょう。

特に会社の名前についての相談、本社の設立場所についての相談、融資や補助金についての相談、資本金の目安についての相談が多くなっています。もちろんこのような相談を行うこともできますし、相談だけであれば無料で行ってくれる税理士もいます。開業前であっても難しいことがたくさんあるので、多くの人が税理士に相談をするのです。

Pocket

会社設立のサポート

個人で経営を始めるときであっても、税理士に助けてもらうことができるのですが、個人の場合にはいきなり税理士に相談を行う人は少なくなっています。もちろんどのような事業を行うのかによっても変わるのですが、それほど相談をする人の数は多くないでしょう。しかし、法人として会社設立を行う場合には、税理士に相談をしないと厳しいというのが現状です。そのため、大半の人が税理士に相談を持ち掛けるようになるでしょう。では、どのようなことを相談するのでしょうか。

大半の人は、会社設立を行う場合には初めての経験となります。誰でも初めて行うことは不安が多いですし、わからないこともたくさんあるでしょう。このような相談を税理士に行えると知っている人も少なくなっているので、会社の設立に関することであれば、何でも相談できると思って問題ありません。実際には設立の準備から役場への申請、登記書類の作成や資本金に関することまで何でも対応してもらえるのです。それから会社設立を行うようになります。

しかし、自分だけでここまで行うのは相当難しいですし、複雑なことが多いので、よくわからなくなるという人が大半を占めているでしょう。だからこそ税理士への相談が必要不可欠になってくるのです。依頼をすればお金を取られてしまうというデメリット以外は、全てメリットだと言っても過言ではありません。当サイトでは会社設立時に、税理士へ相談するメリットをいろいろと紹介させていただきます。

Pocket